甑島のトシドン

こしきじまのとしどん

昭和52年5月7日に国の無形民俗文化財に登録されました。
平成21年9月30日にはユネスコの無形文化遺産にも登録されたました。
トシドンとは・・・
毎年12月31日(大晦日)の夜、家々を訪れる祝福の神様です。
下甑の各地では、トシドンは天空や高い山や岩の上から、首のない馬に乗ってくると言われています。
シュロの皮やソテツの葉などを使い、鼻の長い恐ろしい顔をしたトシドンが、3歳~8歳の子どもがいる家々を訪れ、外から「おるか、おるか、○○はおるか!来て障子を開けー!」と言って家に入ります。
子どもたちの日ごろの良いところを褒めたり、諭したり、歌を歌わすなどして、最後に年餅と呼ばれる大きな餅を与えて去っていきます。

名 称
甑島のトシドン
住 所
〒 896-1601 鹿児島県薩摩川内市下甑町手打・片野浦・青瀬・瀬々野浦
アクセス
JR串木野駅からタクシーで10分、串木野新港下車。シーホーク直行便で75分、手打港下船。