「樋脇食の交流会」が開催されました。

皆さんこんにちは。

このところ雨が降る日が多く、天パが濡れて力が出ない、地域おこし協力隊市比野担当の藤田です。

7月14日、市比野グリーンランドふれあい館さんにて、 薩摩川内市六次産業対策課主催の 「樋脇食の交流会」が開催されました。

この交流会には、樋脇地域で農産物の生産を行う農林業者さんと、加工販売を行っている商工業者さんにご参加いただきました。

皆様にはこの会で積極的にご自身の持つ情報、アイディアを発信していただき、相互に足りない部分を補い合うことで、更なるビジネスチャンスを掴んでいただくことを目的としております。

まずはじめに、六次産業対策課より、市として農林業者、商工業者の連携に関してどういったサポートができるのかという説明を行いました。

皆様、真剣な眼差しで説明に耳を傾けていらっしゃいました。

説明を受けた後、参加者の方々から、「具体的にこういったケースでは市からどのようなサポートが受けられるのか」といった、新ビジネス開拓に向けて積極的な意見、質問がでました。

農商工一体での六次産業化へと、更に一歩近づくことができた交流会となりました。

そしてその後、お時間の許す方々による懇親会が行われました。

そこで参加された方々1人1人の自己紹介があり、親睦を深めました。

美味しい料理とお酒(焼酎はおなじみ田苑酒造さんです)も振る舞われ、むしろこちらが本番だと言わんばかりの盛り上がりを見せた懇親会でした。

無事この交流会を終えることができたのも、参加された農商工業者の皆様、六次産業対策課の職員の方々、各方面関係者の皆様のご協力があってこそです。

皆様、本当にありがとうございました!これからもどうぞよろしくお願いいたします!!