『旬ビネ割り』の最高の割り方

こんにちは。向田地区担当 原田です。

『旬ビネ割り』

とは、旬の果物を使用した果物酢で割った焼酎。という意味で、

我々、地域おこし協力隊が勝手に名付けました(笑)。

ここでいう、果物酢とは薩摩ビネガー工房さんで作る「スイートビネガー」を指します。

こちらでは、薩摩川内市産の果物にこだわり、

その時期に採れた果物だけを使用して、スイートビネガーを作ります。

“旬”の“果物”で作ったお酢のため、『旬ビネ』という名前をつけたわけです。

このスイートビネガーを“ジュース”ではなく、“焼酎”で割って飲むという発想が、

なんとも鹿児島らしいですね(笑)

と、いうことで、

スイートビネガーを使った、新しい焼酎の飲み方を、

我々、地域おこし協力隊が身体を張って調べてきました!

(本音は、ただただ、飲みたかった!)

image

では、早速、

【用意したもの】

・焼酎/スイートビネガー(桃)

image

・お水

・氷を入れたコップ

image

・焼酎が苦手。そもそもお酒に強くない女性

【調べた割合/スイートビネガー水の作り方】

・5倍希釈(1:4)・・・1がスイートビネガー、4がお水

・6倍希釈(1:5)・・・1がスイートビネガー、5がお水

・7倍希釈(1:6)・・・1がスイートビネガー、6がお水

※写真は6倍希釈の様子です。

image
image

【調べた割合/焼酎】

・6:4(6がスイートビネガー水、4が焼酎)

・7:3(7がスイートビネガー水、3が焼酎)

・8:2(8がスイートビネガー水、2が焼酎)

鹿児島では、焼酎の割り方を「ろくよん」、「ななさん」などの呼び方で親しまれています。

image
image
image

手元が狂い、焼酎が8分目まで入ったこともありました。

 ※ちなみに、鹿児島県には、シリンダーグラスがあります。写真を参照。

写真は薩摩川内市オリジナルグラスです!

シリンダーグラスは、基本的にお湯割り用です。今回は水割りで作りたかったので、プラコップを代用しました。

【調べ方】

9通りの飲み方を、全て飲み、あーだこーだ言い合う

【結果】

一番美味しかった割合は、

・6倍希釈(1:5)(500mlの計量カップの場合、80ml、400mlです。)

・焼酎との割合は、8:2

でした。

そもそも、お酒に強くない女性に感想をいただきました。

「お酒ではあるが、桃の香りをしっかり残しつつ、

酸味がほどよい。甘さがしつこくない分、非常に飲みやすい」

 

確かに、私自身もこの割合で飲むと、

別の飲み物に変わる感じがして、衝撃でした。

【さいごに】

濃さ、薄さは人の好みです。

好きなように調整できることが、

焼酎の楽しみ方の一つであり、魅力だと思います。

若い方々の“焼酎離れ”が叫ばれている昨今ですが、

新しい飲み方で“層”が広がるきっかけになれれば、

嬉しい限りです。

『旬ビネ割り』を宜しくお願いします♪