梅雨のイチオシ!?

こんにちは。

向田地区担当 原田です。

もうそろそろ梅雨入りしようかという今日この頃。

今日は貴重な快晴でした。

鹿児島県は特に雨が多く、困ってしまうのですが、

ある“花”の存在が、

“ジメジメ”した気持ちを“晴れやか”に

きっとしてくれます。

その花とは、そう!

アジサイ!!

(漢字では紫陽花と書きます。)

アジサイの特徴といえば、複数の色があり、我々を楽しませてくれますが、

色の変化には土壌が関係しています。

土壌の酸性地により、色が変わるため、

酸性だと、青色。

アルカリ性だと、赤色

になるそうです。

(日本の土壌は酸性が多いそうです。)

 

また、日数とともに、

水色→青色→青柴→赤柴(ピンク)と変化していきます。

この特徴から「移り気」という花言葉があるほどです。

一方で

咲いている期間が6月~7月まであり、長いため、

「辛抱強い」とも言われています。

そして、アジサイは小さな花が集まって咲いている様子から、

「家族団らん・家族の結びつき」という素晴らしい花言葉があります。

花言葉多すぎですね(笑)

また、日本の代表的な花の一つであることから、「サクラ」「ツバキ」ともに、

フランスでは「日本のバラ」とも言われているそうです。

梅雨の醍醐味であるアジサイですが、

薩摩川内市では、およそ片道6kmに渡りアジサイが植えられている地区があります。

そこは

「西川内 あじさいロード」と呼ばれています。

(あるいはフラワーロードとも!!)

地域の方々(245会)が作り上げてきました。

文章では表しにくいのですが、薩摩川内市の山の奥。

あるいは、田海町の奥といったところでしょうか。

(この説明雑ですねー(笑))

まずは、国道267号線田海町交差点から

県道339号線に入り八幡小学校に向かって進んでいきます。

この道路を道なりに進むと、看板が右手側にでてきます。

(下の写真参照)

ここを右折し、道なり進むと、アジサイがぽつぽつと見えてきます。

すでに咲いている箇所もありますが、八分咲きほどです。

6月12日にはイベントもあるそうです。

満開のアジサイが出迎えてくれるでしょう!!きっと。いや、おそらく。いやいや、もしかしたら!

これから始まる梅雨の時期、

アジサイ鑑賞を楽しんでみてはいかがでしょうか!