キビナゴ漁!!!

こんにちは!!下甑地区担当の内野です!!

今日はキビナゴ漁に参加させていただきました!!

今回、漁業経験0の私を快く船に乗せてくれたのは、手打地区でキビナゴ漁をしている勝丸さん♪何かときにかけてくれるから本当に助かります!!!

image

勝丸の船長の川畑さんです!!とっても優しい凄腕漁師です!!!!

キビナゴ漁の出発は深夜2時。良い子は寝ている時間です。

こんな夜中に起きてきて絶対に眠たいはず!!!と思っていたが、さすがはベテランの皆さん、よどみなく漁に出港する準備を始めます。

image

いざ出発!!!!

あたりは真っ暗。本当に真っ暗。明かりが一つもありません。

(晴れてたら星がキレイなんだりうな)とか考えながらボーッと雨に打たれていると、ポイントに着いた様子。

海にライトを落としてキビナゴをおびき寄せます。

image

写真はわかりにくいですが、実際に見るととても幻想的です。

海にライトを落とし待っていると、徐々に光に向かって魚たちが集まってきます。

そして待つこと約50分。キビナゴたちがライトの周りをぐーるぐる。これまた幻想的な景色が深夜の海に浮かび上がってきました!!残念ながらスマホじゃ撮影できませんでした。

image

そうこうしているうちに網を投入!!!

キビナゴの習性を活かして回り続けるキビナゴの進路に、ちょうどキビナゴが刺さる間隔の網を垂らし、そこに突っ込んできたキビナゴをまさに一網打尽!!!!

この漁法は刺し網漁というようです。

ある程度待ち網を引き上げると面白いくらいに網に大量のキビナゴが刺さっています。

image

黒い網に輝く銀色のキビナゴ!!

image

これを引っ張りあげると~~

image

こんなに沢山!!!!

だがこれはまだまだ少ないらしく、本当に多い時は網に隙間がなくなるくらいに刺さっているそうです。

image

そして網引き上げたらここからはスピード勝負!!!勢い良く且つ丁寧に網をバッサバッサとはためかせます。それにより刺さっていたキビナゴたちはポトポト落っこちていきます。

そして落っこちたキビナゴは足元の生簀で大量の氷で一気に冷却!!キビナゴは弱りやすいらしく、ここでもたついているとすぐに鮮度が落ちてしまうそうです。

このサイクルを7回行い本日の漁は終了。

image

港に持って帰り選別をし、計量を行います。

そしてここで一旦休憩。船の上でとれたてのキビナゴをいただきました♪まさに漁師メシといった感じで大きな鍋にキビナゴを入れて炊き上げます。ただそれだけなのにとっても美味しい!!!!

image

食いかけの写真でスミマセン。撮るのを忘れて食べてしまいました。

そして最後にみんなで船を丁寧に掃除します。

さすがはプロ。掃除も一切手を抜きません。こういうところもしっかりと行うから尊敬されているんだなと感じました。

今回大変貴重な経験をさせてくれた勝丸のみなさん!!本当にありがとうございました!!!!

それでは、さすがに眠たいのでこのへんで失礼します。