川内子供大綱引に参加・体験してきました

お久しぶりの投稿です。

どうも。向田地区担当の原田です。

8月も終わり、あっという間に9月ですね。

秋が近づいてきました。

去る、9月5日(土)に『薩摩川内子供大綱引』が向田本通りで行われました。

こども大綱引きって何じゃい!?って方に、少し説明を。

毎年9月22日に『川内大綱引』が行われ、市民たちが関心を寄せるお祭りの一つが行われます。

とにかくこのお祭りの綱はでかい。

7tの重さに、30cmの直径、長さは356mもあります。

今回はその子供版です。

(ちなみに、子供版は、約1/3だそうです)

ただ、当日大綱を作ることは同じです。

綱ができるまでを観ていきましょう!

①まずは、おおまかに長さをはかっていきます。

image

②1束ができたらほどけないようにまとめます。

残り2束を同様に作ります。

image

③他の束と交わらないように、焼酎ケースを使って間隔を作ります。

image

④3束出来上がったら、等間隔に立ち、

これをみんなで、転がして、転がして、持ち上げて、下がる、を繰返します。

これを綱練といいます。

image

⑤3本を一つの綱にしていきます

※写真を撮り忘れました。

⑥両端にワサに(輪)を作ります

image

※綱を引かれてしまったとき、これ以上相手の陣地に引かれないように、中心に立っているダンギにかけます。

ちなみにですが、ワサをかける隊があって、そのTOPは”ワサ長”と呼ばれます。

※これがダンギです

image

ダンギとは大綱引上の中心地を示しております。

(マンホールに差し込んではめるんですよ) 

⑦中心に赤いスプレーで印をつけます

image

⑧化粧縄をつける

image

※綱を引き合うと想像以上に綱は伸びてしまいます。

すると中心地も伸びてしまう恐れがでてきます。

それを改善するために、真ん中に化粧縄をつけて、

仮に伸びても、中心地がわかるようにしています。

⑨ダンギ祭り

image

綱の中心地で神事を行います

⑩準備は整いました「いざスタート!」

image

この男の子たちは、「太鼓隊」といい引けーー!という合図を送る役割があります。

この合図で、両陣営が一斉に引き合うのです。

こども綱は運動会で一般的に見られる、綱引きに近いです。

子供対大人も種目にあり、気軽に出場ができます。

私も出場しました。

相手は小学生だ。負けるわけがない。。。

結果、

コテンパに負けました。

最近の子は侮れませんね(笑)

綱を作るところから、綱引きまで参加・体験できて非常に楽しかったです。

翌日も、翌々日も筋肉痛に困っていますが、

いい気持ちです(笑)

途中で夢中になって、写真を撮るのはすっかり忘れてしまいました(笑)

9月22日はしっかりとレポートできるようにがんばります!

次回は、知っておきたい『川内大綱引』基本事項をお伝えできるようにゆるく頑張ります!