人気店が集結!一日限りの「平成食堂」

「薩摩川内の飲食店を盛り上げたい!」と、市内の人気飲食店3店舗が集まりプロデュースする「平成食堂」が来たる4月11日(日)、1日限定でオープンします。薩摩川内市神田町のHUB satsuma-sendai cityを舞台に、平成生まれの3人が川内の食の魅力をお届けするこの企画、先だって開催されたレセプションに行ってきました。

ザ・平成食堂トリオ

街のランドマーク・HUB satsuma-sendai city

HUB(ハブ)satsuma-sendai cityは、2020年9月オープン。1階スパイスカレー&カフェSendai Spice、2階シェアオフィス&コワーキングスペース、3階イベントスペースとなっていて「ここを拠点に羽ばたいて欲しい」という、オーナー大上泰弘さん(写真右)の思いが込められたリノベーションビルです。

そして、HUB satsuma-sendai cityを舞台に始まった新たなプロジェクトが「チャレンジキッチン」。かねてから交流のあったchill out 食堂/瀬戸山覚さん(写真中)、Dining&Bar stress/永原良太さん(写真左)、肴場かっちゃんファイヤー/西野大輝さん(写真右)の3人が「薩摩川内、北薩の食材の魅力を味わってほしい」「飲食店の持つパワーで街を元気にしたい」「飲食店で働く楽しさを伝えたい」と熱い思いをもって集結。互いに刺激を受けながら、準備を重ねてきました。

Dining&Bar stress/永原良太さん

まずはウェルカムドリンクを一杯頂きます!

鹿児島県産いちご「よつぼし」のモヒート

よつぼしの甘い香りとミントの爽やかな香りが最高!

O’s company 大上さんとフルーツの盛屋/神ともひろさん(写真右)

肴場かっちゃんファイヤー/西野大輝さん

いつものホームを飛び出し、自分の持ち味である笑顔のおもてなしで、みなさんを元気にしたい!と意気込む西野さん。

chill out 食堂/瀬戸山覚シェフ

同世代とディスカッションするなかで、初心に返ることができたと瀬戸山シェフ。自身の店を持って5年あまり。「お店をやることを難しく考えすぎず、前に進んで欲しい」と若い世代へのメッセージを込め、平成食堂に挑戦します。

スペシャリテのひとつ、豚のカツレツ

クラフトコーラ初お披露目

レセプション中、薩摩川内市湯田町の下薗薩男商店の3人より、自社プロジェクト開発商品「パーティタイム」の紹介がありました。貴重な1本を試飲し、スパイスの効いた刺激的な飲み口に一同、盛り上がりました。まさにパーティタイム!

開発に携わった上野実さん

上野さんは薩摩川内市西方地域の地域おこし協力隊を経て、下薗薩男商店に就職。協力隊時代に取り組んだ「人形岩の塩」づくりの経験等を活かし、クラフトコーラづくりに取り組んできました。2020年秋のリバーフロントマルシェでは、みごと完売だったそうです。地元産の素材を使ったクラフトコーラ「パーティタイム」は今後、市内外の販売店・飲食店にて販売・提供開始の予定です。お楽しみに。

HUBのお隣にあります、株式会社ecommitのみなさん

平成食堂への期待高まるレセプション

「平成食堂」は、ランチ、ディナー、バーとそれぞれ時間帯を設けての営業となります。食を中心につながるひととき。平成元年生まれの個性豊かな3人が織りなすハーモニーを、ぜひ体感してください。

チャレンジキッチン「平成食堂」

ランチ 11:30-13:30(数量限定)、ディナー 17:00‐21:00(予約制、現在キャンセル待ち)、バー 21:30‐23:30

ウェブサイト

インスタグラム

HUB satsuma-sendai city