助八古道の物語

このプロジェクトは、東シナ海に浮かぶ秘島、下甑島(鹿児島県薩摩川内市)に車道が出­来る50年前まで使われていた山道を「助八古道」として復活させて、トレッキングロー­ドとして再生させる取り組みです。

下甑島の人々が地区を越えて協力し、島駐在の「地域おこし協力隊」と島外の「プロボノ­」と呼ばれる職業上持っている知識・スキル・経験を活かして社会貢献する社会人ボラン­ティアや学生も協力して、活動を進めています。

島外の仲間の存在により、島内では気づかない古道の魅力を発見できたり、一緒にビジネ­スモデルを探ったり、魅力的な古道マップを作ったりと、今、下甑島はアツく燃えていま­す!

助八古道:高さ365メートル、長さ約6キロメートル

(制作:下甑島古道再生プロジェクト 鹿児島大学生メンバー2014)

甑島情報

甑島の旅なら
こしきしま観光局

0996-25-1140