冬の藺牟田池

7つの外輪山に囲まれた静かな池。直径約1km。最深は約3.5m。多様な動植物種が生息する貴重な自然環境が残っています。
周囲約4kmの湖畔には梅や桜などの並木があり春は花見、秋は紅葉と楽しむことができます。春には約2000本の桜が咲きます。
池には「浮島」と呼ばれる泥炭が300近くあり、低層湿原でこれだけ見れるのは極めて珍しいことから国の天然記念物に指定されています。
そして希少野生動植物種であるベッコウトンボや水鳥の生息する重要な湿地として2005年ラムサール条約湿地として登録されました。
湖畔には生態系保存資料館「アクアイム」もあり教育面での利用も多い。その他ボートやレンタサイクルもあり、幅広いお客様が楽しむことができます。
また、初心者でも気軽に登山・トレッキングができる「藺牟田池外輪登山コース」は、外輪山(約4.5km)を約4時間で縦走でき、下山ポイントも多いので安心して楽しむことができます。
さらに湖畔には「ドッグリゾート鹿児島CoCoフォレいむた(レイクサイドホテルいむた清風)」があり、宿泊、日帰り温泉、ランチなど楽しむことができます。