天狗鼻海軍望楼台

薩摩川内市寄田町には、日本海軍が日清戦争後に設置した沿岸防備のための望楼台があります。
天狗鼻海軍望楼台と呼ばれ、明治33年に竣工しました。
日露戦争時には海軍兵が4名常駐し、バルチック艦隊の北上を監視していました。
当時、鹿児島県内に3か所設置され、日本国内においても現存するのは、ここ天狗鼻と北海道宗谷岬の大岬旧海軍望楼台の2ヶ所のみです。