おいしい豆腐を地域の皆さんに届けたい。~くすもと食品~

おみそ汁に冷奴、厚揚げなど、毎日の食卓にあがる身近な食品、お豆腐。ふだん何気なく食べている豆腐ですが、近年、健康志向やグルメブームの波を受け、味も種類も様々に進化しています。豆腐業界も盛り上がりをみせ、全国豆腐連合会が主催する全国規模のコンテストがスタート。2018年第4回全国豆腐品評会に出品した薩摩川内市「くすもと食品」の「濃厚絞り出し豆腐 木綿」が、九州・沖縄ブロックにて最優秀賞・第1位を獲得しました。

薩摩川内市で作られたお豆腐が九州1位とは、嬉しいですね。「安心して頂けるおいしい豆腐をつくりたい」と語るくすもと食品・北野広社長(写真右端)に、薩摩川内市楠元町の工場を案内して頂きました。

朝9時。この日つくられた豆腐・加工商品を移動販売車に積んでゆきます。車から流れる宣伝に耳なじみのある方も多いのでは。昔なつかしい「豆腐の引き売り」の伝統を新しいかたちで引き継いでいます。

営業日により、3~6台の移動販売車が北薩を中心に県内各地域を回ります。姶良市、鹿児島市も含め、そのルートは100以上!

一台に50品以上あるという豊富な品揃えです。移動販売は10年前にスタート。買い物の困難な地域や高齢者の方にも喜ばれています。

工場内、大豆の貯蔵庫は中に入るとひんやり。15度の低温で品質を管理します。

鹿児島県産大豆フクユタカをはじめ、国産大豆を中心に様々な大豆を取り寄せています。こちらは黒大豆。

緑がかった青大豆に・・・

赤みがかった大豆も。それぞれの「良いとこ取り」ができるよう、北野さんの目利きでブレンドします。

「こんな豆もあるんだよ」と見せて頂いた山形県産「馬のかみしめ」。緑色に白い斑点があり、馬が噛んだあとのように見えるのでこの名前なんだとか。大豆の種類、その数なんと数千ともいわれているそう。

工場風景。今もむかしも豆腐屋さんの朝は早い!午前3時半には製造が始まります。朝9時すぎには豆腐をつかった加工品の調理や、機械の清掃をされていました。

できたての豆腐を一つひとつ、優しく容器に入れていきます。

人気の豆乳。しぼりたての豆乳はほんのり温かく豆の香り、優しい甘みがひろがります。しっかりとした豆の旨みがありつつも、さらっとした飲み口です。「香り豆 豆乳(濃厚仕立て)」は、文字通り濃厚。これは「飲むお豆腐」といってもいいほど。クリーミーでリッチな味わいです。

濃厚絞り出し豆腐ざる。豆腐を頂いたあとの「ざる」も使えて便利!

わさび入り絹ごし豆腐。ベテランスタッフが担当しています。「少量・多品種製造で、大変ですよ」と笑う北野社長。製造および取り扱い商品は現在およそ80種。豆腐40種、惣菜30種、仕入れ商品10種など、バラエティ豊かに豆腐の魅力を届けています。

がんもどきを手際よく作るスタッフ。女性が活躍しているのも特長です。「うちの豆乳を毎日飲んでるから、みんな元気だよ」と社長。納得です!

揚げ豆腐づくり。豆腐をつくる時に出る水分を「ゆ」といい、昔は皿を洗うのに使ったり、髪を洗ったりしていたそうです。

一番人気、濃厚絞り出し豆腐木綿。ひとくち頂き最初に感じるのは甘み。そして濃厚な豆の旨み。豆腐の肌は表面も中も、なめらかでしっとりとした舌ざわりです。何もつけずにこのままで、するすると箸が進みます。塩をほんの少量つけて頂くと、より甘さが引き立ちます。

くすもと食品代表取締役社長 北野 広さん

「豆腐づくりは母親から始まり、私は二代目。創業からおよそ60年になるかな。昔はどの自治会でも1、2軒は豆腐をつくる家があったんですよ。流通経済の発展とともに、豆腐づくりも大きく変化してきました」と振り返る北野さん。10年前にスタートした移動販売車での巡回販売に加え、お客様からの熱い要望を受けて開店した豆腐専門店「大豆の華」は今年、開店5年目を迎えます。

「変化の波を受けて私たちが目指したのは、選びぬいた材料で自分たちがおいしいと思える豆腐をつくること。安心でおいしい豆腐を地域の皆さんに食べて頂きたいという思いで作っています」。その豆腐の味が認められ、品評会への出品を勧められてチャレンジした結果、北野さんの豆腐づくりも格段にレベルアップしたといいます。「全国の意欲的な製造者とつながりができ、大豆や製造法など情報を共有することで、よりおいしい豆腐が作れるようになりました」と語る北野さん。今後の目標はずばり「全国1位」!「いい豆腐ができるようになったから、狙っていきます」と自信をのぞかせます。薩摩川内市から全国1位の豆腐が生まれる日も近いかもしれません。

お豆腐、お惣菜からスイーツまで種類豊富な「くすもと食品」のラインナップ。豆の可能性は無限です!

店頭販売・おとうふ ゆば料理Cafe 大豆の華

営業時間:9時~18時(ラストオーダー17時)ランチ:11時~14時
定休日:日曜日
薩摩川内市田海町451-1
0996-30-1891