薩摩川内市は、西郷隆盛の愛犬 “つん” のふるさと

大のイヌ好きだった西郷さん。

薩摩川内市の東郷町にある藤川天神に参拝にきたときに“つん”と出会い、ひとめぼれをして、飼い主の前田善兵衛さんに譲ってくれとお願いをしたそうです。

西郷さんに飼われることになったつんですが、故郷が恋しくなったのか、東郷町に2度も逃げて帰ってきたという逸話があります。

そんなつんの生まれ故郷東郷町の藤川天神には、つんの銅像があります。

東京上野公園にある西郷さんの銅像が引いている犬のモデルは、本市出身の薩摩犬の“つん”であることが判明し、NHK大河ドラマ「翔ぶが如く」で西郷さん人気が高まった平成2年2月藤川天神境内に銅像が完成しました。

銅像は日本芸術院会員の中村晋也鹿児島大学教授(当時)が制作したもので、高さ1.3mの羽島石の台座に体高60cm、体長80cm、ほぼ等身大に作られています。

つんがまた逃げ出した!?

「えッ!?つんがいなくなった!?」

今回、平成30年NHK大河ドラマ「西郷どん」放送を契機とした誘客活動を推進するために、西郷さんの愛犬“つん”のキャラクターを市と協同で作成することにしました。

キャラクターデザインは、『せごどんがつんを探しています』と題して、全国各地から“つん”の目撃情報を絵で募集しました。

西郷さんのためになんと約300件もの目撃情報が集まりました!!

その中から1次審査を通過した24件の目撃情報をWEB上で皆さまにも投票をしていただき、無事に“つん”を見つけることができました。

第一発見者は、とっきーさん。藤川天神で見つけたそうです。やっぱりつんは生まれ故郷が大好きだったんでしょうね。

薩摩川内観光物産キャラクターつんの活用

つんが2度と逃げ出さないように、みんなで可愛がりましょう。

個人が非営利目的で使用する場合(立体物や動画に使用する場合は除く)は、届出なしで自由に使用することができます。また営利目的で使用する場合は、使用届出書をご提出いただければ使用可能となります。

様々な場面でつんを活用して可愛がってください。

薩摩川内観光物産キャラクターつんのご利用方法

  • 個人が非営利目的で使用する場合(立体物や動画に使用する場合は届出必要)、新聞や雑誌等報道機関が報道目的に使用する場合は、届出なしで使用することができます。 使用の際は、使用取扱規程と使用ガイドラインを必ずご確認の上、つんのイメージを損なうような使用方法はしないようお願いいたします。
  • 営利目的や立体物・動画へ使用する場合は、使用届出書を薩摩川内市観光物産協会(以下、弊社)へ提出してください。詳しくは、下記使用手続き方法をお読みください。

薩摩川内観光物産キャラクターつん使用手続き方法

  • まずは使用取扱規程と使用ガイドラインをご確認ください。
  • 薩摩川内観光物産キャラクターつん 使用届出書≪別記様式第1号≫を作成してください。併せて、デザイン使用を審査する関係上、デザイン案等、使用状況が分かるものもご用意ください。【申請者】 ※必要に応じて,使用方法等について弊社と協議。JPEG・PDF以外の形式でデータが必要の際は、お渡しします。 ※キャラクターの名前をイラストに添える場合は、「西郷つん」もしくは「SAIGO TSUN」で表記をお願いします。フォントはキャラクターのイメージを損なわないようなものをお選びください。
  • 使用届出書および関係書類を弊社へ提出してください。【申請者】
  • 弊社にて審査のうえ、適当と認めるときは、届出書を受理し、使用承認通知書を発行します。 【薩摩川内市観光物産協会】

関連リンク

お問い合わせ・応募先

問い合わせ先
(株)薩摩川内市観光物産協会 観光旅行事業部
電話番号
0996-25-4700
FAX番号
0996-25-4739
メールアドレス
tsun@cocoro-satsumasendai.co.jp