ジャンル
名 称 小路磨崖仏 / こうじまがいぶつ
住 所 〒 895-1106 鹿児島県薩摩川内市東郷町斧渕小路
アクセス JR川内駅から南国バス(本俣行きでも可)または林田バス宮之城行き25分。 小路バス停で下車、徒歩3分。
TEL 0996-42-0053

掲載情報は2017年1月11日現在のものです。現在の内容と異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。情報提供・間違いを報告する

小路磨崖仏

こうじまがいぶつ

東郷渋谷一族の居城であった鶴ヶ岡城址の岩に彫られています。像は地上から高さ160センチで、岩面に南向きに「紅頗梨色宝冠阿弥陀座像」を刻み、この像は法界定印の印相をしているので非常に珍しいとされています。永正14年丁丑9月8日(1517年)の刻銘があり、安土桃山時代の後白河天皇の頃のものです。また、この磨崖仏は彫刻としてもたいへん美しいものです。