ジャンル /
名 称 手打麓武家屋敷通り / てうちふもとぶけやしきどおり
住 所 〒 896-1601 鹿児島県薩摩川内市下甑町手打
アクセス JR川内駅から川内港シャトルバスで約25分、川内港ターミナル下車。川内港ターミナルから高速船甑島で90分、長浜港下船。手打港行きのバスに乗り、下甑支所前停留所で下車。徒歩3分程が武家屋敷通りになっている。
TEL 09969-7-0311

掲載情報は2021年9月10日現在のものです。現在の内容と異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。情報提供・間違いを報告する

甑島情報

甑島の旅なら
こしきしま観光局

0996-25-1140

手打麓武家屋敷通り

てうちふもとぶけやしきどおり

手打集落のほぼ中央に、約700メートルに及ぶ旧武家屋敷の町並みがあります。住居のほとんどが改築されていますが、今も残る玉石積みの石垣や垣根など、静かなたたずまいの中に遠い昔を偲ばせてくれます。また、平家の落人が住まいを構えたとも伝えられています。

2019年には、日本遺産『薩摩の武士が生きた町~武家屋敷群「麓」を歩く』の構成資産として登録されました。