ジャンル
名 称 永利のオガタマノキ / ながとしのおがたまのき
住 所 〒 895-0005 鹿児島県薩摩川内市永利町石神106-1
TEL 0996-23-5111

掲載情報は2016年11月21日現在のものです。現在の内容と異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。情報提供・間違いを報告する

永利のオガタマノキ

ながとしのおがたまのき

オガタマノキはモクレン科の常緑高木で、樹皮や葉、花に芳香があることから、別名ダイシコウ(大師香)ともいわれ、本州南部から四国、九州、沖縄,台湾の照葉樹林帯に分布しています。
 昔から神社にゆかりの深い樹木で、和名のオガタマとは、「招魂(おきたま)」から転化したものといわれ、玉串として用いられるなど神社には欠かせないものとされてきました。
 薩摩川内市永利町石神神社境内のオガタマノキは、胸高周囲6.7m、高さ約22m、推定樹齢は約800年です。
昭和19年11月13日に国の天然記念物に指定されました。