トンボロ地形
ジャンル
名 称 トンボロ地形 / とんぼろちけい
住 所 〒 896-1101 鹿児島県薩摩川内市里町
アクセス JR川内駅から川内港シャトルバスで25分、川内港ターミナル下車。
川内港ターミナルから高速船甑島で40分、里港下船。
問い合わせ先 薩摩川内市役所/里支所
TEL 09969-3-2311

掲載情報は2017年1月12日現在のものです。現在の内容と異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。情報提供・間違いを報告する

甑島情報

甑島の旅なら
こしきしま観光局

0996-25-1140

トンボロ地形

とんぼろちけい

里町の集落はトンボロと呼ばれる面白い地形の上に成り立っています。海を隔てた島が、沿岸流でできた砂州で結ばれた陸繋島をイタリア語でトンボロといい、海底や沿岸流によって運ばれた砂や石が、波の作用によって水面上に現れたものです。一般的に細長くて低く、里トンボロは、南北に約1500メートルで最大幅1000メートル、最小幅250メートル、高さは2、3メートルあります。里町の陸繋は、里の東浦を東より襲う台風と、西浦へ西より吹き付ける冬の季節風によって、沿岸海底の砂礫が押し上げられてできたものと考えられています。