川内川治水の父・山本實彦像除幕式

あじさいが雨に美しい季節となりました。かつては暴れ川とも呼ばれた川内川。恵みの雨が時に大水となり、氾濫をもたらしたことも市民の心には深く刻まれています。現在、川内川下流域(大小路地区)一帯では大幅な河川工事が行われています。整備事業の一環として進められていた山本實彦像が完成し、2020年5月、除幕式が開催されました。

川内川の治水に努めた郷土の偉人、山本實彦像

山本實彦(やまもとさねひこ)ってどんな人?

山本實彦(1885〜1952)は、現在の薩摩川内市東大小路町に生まれました。苦学ののち、改造社を創業。雑誌『改造』の創刊をはじめ、手ごろな値段で売り出した『日本文学全集』は「円本」と呼ばれ、多くの人が文芸に親しむきっかけとなりました。各界の著名人と交流があり、与謝野鉄幹・晶子夫妻を川内に招いたり、アインシュタイン博士を日本に招いたのも實彦です。

実業家を経て衆議院議員となった實彦は、洪水に苦しんでいた郷土のために、川内川の改修工事にも取り組みました。川内川堤防のすぐそば、天大橋のふもとに、實彦生誕地の石碑と案内掲示があります。

實彦の功績を後世に伝えようと、山本實彦顕彰委員会により銅像建立の準備が進められてきました。上写真は2019年5月撮影。銅像の型を取るためのFRP彫像を製作中の様子です。写真左より制作者の小原浩氏、實彦の子孫・山本晋也氏(中央)、顕彰委員会幹事長の中野義彦氏(右)。小原氏のアトリエにて。

顕彰委員会幹事長・中野義彦氏

そして迎えた2020年5月17日。前日まで雨模様、関係者は一様に「なんとか持ってくれ」と願ったことでしょう。その願いが届いたのか、当日は曇り空に時折、晴れ間ものぞく天気となり、多くの参列者が見守るなか、除幕式が行われました。

薩摩川内市長 岩切秀雄氏

当日までベールに包まれていた實彦像

ご親族代表、来賓代表、顕彰委員会代表の皆さんによってベールが取られ、無事にお披露目となった實彦像。川を背に、新田神社の方向を向いて設置されました。左手には円本を持ち、右手は川内川を鎮めるような所作を表現しているのとのことです。台座の文字は實彦本人の筆跡を元にしたもので、新田神社に記帳したものが保管されていたのだそうです。躍動するような實彦の文字をぜひ、ご鑑賞ください。

堤防沿いの病院からもお祝いの拍手が

同日、「木曽三川千本松原帰り松」記念植樹も行われました。江戸時代、薩摩藩が徳川幕府の命により木曽三川流域で治水工事を行った際、工事の完了を祝して薩摩藩士は故郷から松を取り寄せ、現地に植樹したと伝えられています。その千本の松の二世松がNPO法人木曽三川千本松原を愛する会より寄贈され、像の設置に合わせて植樹されました。鹿児島と岐阜との間で、治水を通じた交流が今も続いていることは、ご存知の方も多いはず。川内川堤防にも、ゆかりの松が育つことになります。

写真左より、制作者の小原氏、薩摩川内市長・岩切氏、顕彰委員会会長・山元浩義氏、同幹事長・中野氏

制作者の小原さんに話を伺いました。まずは除幕式が無事に終わり「ほっとしました」とひと言。当日は奥さまと息子さんも参列し、記念の瞬間を一緒に見届けました。制作期間は平成30年4月から翌年3月に渡り、およそ1年間。薩摩川内市役所文化課に勤務するかたわら「おもに週末を作業に当て、夜も朝も作業しました。気がつけば、8時間以上作業に没頭」する時もあったそうです。一番苦労した点は「顔、表情です」。實彦29歳の時の写真を基に、41歳ごろの壮年期を想定して、全体像を完成させました。「市民の皆さんに實彦の人となりを知ってもらい、親しみを持って頂けたら嬉しいです」と穏やかに話す小原さんでした。

實彦像のそばには、川内川改修の歴史を伝える案内板が設置されています。一級河川、川内川とともに歩んできた町の歴史。散策しながら、学んでみるのもいいかもしれません。川内まごころ文学館では、文学者としての山本實彦を知ることができます。川内川を愛し、文学を愛した實彦。まごうことなき郷土の偉人といえるでしょう。